一般健康診断の区分

一般健康診断の区分

 労働安全衛生法及び労働安全衛生規則に基づき、1年以内ごとに1回、定期的に実施が義務づけされている検査項目を基本としています。健診場所には検診車で企業へうかがう出張健診と当事業団へお越しいただくなどの集合健診を行っています。 

区分法令対象者実施時期
定期健康診断 労働安全衛生規則第44条 常時使用する労働者 1年以内ごとに1回
雇入時の健康診断 労働安全衛生規則第43条 雇い入れた労働者 雇い入れ時
海外派遣労働者の健康診断 労働安全衛生規則第45条の2 海外で6ヵ月以上派遣される労働者及び海外で6ヵ月以上勤務した労働者 海外に6ヵ月以上派遣する際及び海外で6ヵ月以上勤務後国内業務に就かせる際
特定業務従事者の健康診断 労働安全衛生規則第45条 労働安全衛生規則第13条第1項第2号に掲げる業務に従事する労働者 左記業務への配置替えの際、6ヶ月以内ごとに1回