検査対象者および実施回数

検査対象者および実施回数

 検査の実施回数や検査項目は、対象業種などにより定められています。定期的な検査をしっかり行い、衛生管理に努めましょう。

 検査対象者検査項目実施回数根拠法令

食品製造従事者・飲食店経営者並びにその従業員

赤痢菌
サルモネラ菌(チフス菌・パラチフスA菌)

年2回以上
但し観光地は年3回

食品衛生法
栃木県食品衛生法施行条例

腸管出血性大腸菌O157

年1回以上

大量調理施設
(同一メニューを1回300食以上又は1日750食以上を提供する調理施設)

赤痢菌
サルモネラ菌(チフス菌・パラチフスA菌)
腸管出血性大腸菌

月1回以上

大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省)

学校給食従事者

赤痢菌
サルモネラ菌(チフス菌・パラチフスA菌)
腸管出血性大腸菌O157

月2回以上

学校給食衛生管理の基準
(文部科学省)

保育所職員

 

月1回以上が望ましい

児童福祉法

建築物飲料水貯水槽清掃業者

 

業務に従事する事前検査

建築物における衛生的環境の確保に関する法律

水道事業者

 

年2回以上

水道法第21条
水道法施行規則第16条

その他

その他、規定された項目・回数に応じて実施