肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診

 肝炎ウイルス感染の状況を確認し、必要に応じて保健指導を受け、医療機関を受診することにより、肝炎による健康障害の回避、症状の軽減又は進行の遅延を図ります。

 

対象者

1〕節目検診
40歳の者
2〕節目検診以外の対象者
満41歳以上の者であり、過去に肝炎ウイルス検診に相当する検診を受けたことがなく、受診を希望する者

C型肝炎ウイルス検査の流れ

判定基準

 検査結果判定結果
C型肝炎ウイルス検査 「現在、C型肝炎ウイルスに感染している
可能性が極めて高い」と判定
「現在、C型肝炎ウイルスに感染していない
可能性が極めて高い」と判定
HBs抗原検査 陽性 陽性
陰性 陰性