特定健康診査・健康診査

特定健康診査・健康診査

(1) 特定健康診査

 平成20年4月から、今までの「老人保健法」から「高齢者の医療の確保に関する法律」に変わり、各々の医療保険者が40歳~74歳の加入者を対象として、毎年度計画的に実施する内臓脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防のための健康診査で、保健指導のレベルを決めます。

(2) 健康診査

 特定健康診査対象以外の者を対象に生活習慣病を早期に発見し、必要に応じて医療につなげます。

【対象】

(1) 特定健康診査(国保、被用者保険)

①基本的な健診  医療保険加入者のうち特定健康診査の実施年度中に40~74歳となる者で、かつ当該実施年度の一年間を通じて加入している者
②詳細な健診貧血検査 貧血の既往歴を有する者又は視診等で貧血が疑われる者のうち、医師が必要と認める者
 心電図検査
眼底検査
前年の健診結果等において、血糖、脂質、血圧、肥満の全ての項目について、次の基準に該当した者のうち、医師が必要と認める者

【基準】

血糖  空腹時血糖:100mg/dl以上、又はHbA1c:5.6%以上
脂質  中性脂肪:150mg/dl以上、又はHDLコレステロール:40mg/dl未満
血圧  収縮期:130mmHg以上、又は拡張期:85mmHg以上
肥満  腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上、又はBMI:25以上

 

(2) 健康診査

①後期高齢者 後期高齢者医療制度の被保険者に該当する者
②その他 特定健康診査及び、後期高齢者を対象とした健康診査に該当しない者