基本コース

基本コース

人間ドック基本コース

身体計測

身長、体重、BMI、体脂肪率、腹囲

 BMIは身長と体重から体格指数を出して肥満の程度を知る方法です。

視力・眼圧・眼底検査

視力低下・緑内障・眼底出血など

 眼圧は、眼球内圧の変化を調べます。眼底は、全身の中で唯一直接血管を見ることができる部分です。眼底の血管を観察することにより全身の血管の状態を推測することができます。

聴力

難聴(1000Hz、4000Hzの気導検査)

 日常生活で必要な音が聞こえるかどうかを検査します。

血圧測定

高血圧症・低血圧症

 心臓や血管にどれだけ負担がかかっているかなどを調べる検査です。

安静時心電図検査

不整脈・虚血性心疾患(心筋梗塞)など

 心臓の状態を電気的に知る方法です。

血液検査

 肝臓病・腎臓病・脂質代謝異常・糖尿病・貧血・感染症・リウマチなどを調べる検査です。

肝機能

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDH、ALP、総ビリルビン、ZTT、血清総蛋白、アルブミン、A/G比

腎機能

尿素窒素、クレアチニン、eGFR

脂質代謝

総コレステロール(TC)、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、中性脂肪(TG)

糖尿病

尿糖、空腹時血糖、ヘモグロビンA1c(HbA1c)

膵機能

血清アミラーゼ

血液一般

赤血球数、ヘモグロビン、血清鉄、ヘマトクリット値、MCV、MCH、MCHC、白血球数、血液像、血小板数

感染症

HBs抗原(HBV-DNA)、HCV抗体(HCV-RNA)、梅毒2法(STS・TP法)

その他

尿酸、リウマチ因子、CRP(炎症性反応)、CPK

尿検査

尿蛋白、尿潜血、尿ウロビリノーゲン、尿PH、尿比重

 尿蛋白や尿潜血は、腎炎や尿路系の異常で陽性になります。尿ウロビリノーゲンは黄疸など肝障害で異常をしめします。

胸部X線検査・喀痰細胞診

肺がん・肺結核・肺炎・その他胸部疾患など

 肺結核や肺がんの発見に役立ちます。また心臓肥大や大動脈の硬化などがわかります。

肺機能検査

肺活量・1秒率・%1秒量・%肺活量など

 肺の異常の有無をチェックし、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などのスクリーニングをすることができます。

上部消化管X線検査

食道・胃・十二指腸

 バリウムを飲んでX線撮影をし、食道から胃、十二指腸までを調べる検査です。

便潜血反応検査

大腸がん・大腸ポリープなど

 下部消化管からの出血を調べる検査です。大腸がんの早期発見に役立ちます。

腹部超音波検査

肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓

 腹部に超音波をあてて、臓器(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓)の状態を知ることができます。

医師による診察及び結果説明

問診、聴診、打診、結果説明

 問診や各検査の結果をもとに皆様の健康状態を説明いたします。

保健師による指導

保健指導・栄養指導・運動指導

 検査結果をもとに皆様の健康に向けてアドバイスいたします。



オプション検査

胸部CT検査※1

マルチスライス・ヘリカルCTによるX線撮影 12,960円

日本では肺がんの死亡者数が急増しています!
男女ともがん死亡原因の第1位は「肺がん」です。

 肺がんは早期の段階では無病状で、症状が現れた時には既に進行してしまっていることが多い病気ですが、できるだけ早期に発見し治療すれば、治る病気でもあります。

「治る段階」で発見できるように、胸部CT検査を受けましょう。
・胸部CT検査は胸部X線検査に比べ、肺がんの発見率は約10倍も高く、現段階では早期の肺がんを見つける最も精度の高い検査です。
・肺がんがより早期な(微小な)状態で発見されることにより、胸腔鏡下手術などの体に負担が少なく回復がはやい縮小手術も可能となっています。
・当施設の胸部CT検査は、低線量撮影により病院等での診察CT検査と比べ5分の1程度の被曝で撮影が可能となっています。

こんな方におすすめです
・喫煙者及び受動喫煙者
・アスベストやクロムなど暴露歴がある方
・咳・痰・血痰・胸痛などの症状がある方
・40歳以上の方
・家族に肺がんを含めた既往歴がある方

胃内視鏡検査

経口 6,480円(月~金曜日) 経鼻 9,720円(月~木曜日)

 内視鏡の先端にCCDカメラを内蔵した電子内視鏡で、食堂・胃・十二指腸の内部をテレビ画面に映して観察する検査で、がん・ポリープ・炎症・潰瘍などがあるかどうがを診断します。疑わしいところがあれば組織検査を行い、良性・悪性かのより確実な診断をこなうことができます。

こんな方におすすめです
・以前に胃X線検査で要精密検査になった方
・胃内視鏡検査で経過観察中の方
・ペプシノゲン検査もしくはヘリコバクターピロリ抗体検査で陽性となった方
・バリウム検査が苦手な方

注意事項
・血液を固まりにくくする薬を服用している方は、組織検査を行うことができませんのであらかじめご了承ください。
・授乳中の方は検査後断乳の必要がありますので、詳しくはスタッフにご相談ください。
・1日あたりの実施人数に限りがあるため、ご希望の方はお早めにお申込みください。

胃がんのリスクチェック ヘリコバクター・ピロリ抗体検査

2,160円

 胃にヘリコバクター・ピロリ菌に感染していないか調べる検査です。
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると胃に炎症がおこり、この炎症が長期にわたって続くと慢性胃炎になり、胃粘膜の萎縮へと移行し、胃がんが発生しやすい危険な状況になっていきます。
※以前、ペプシノゲン検査のみ受けられた方で結果が陰性であった方におすすめします。
※ピロリ菌除菌中または除菌後の方は、正しい結果が得られないことがありますので、受診はおすすめできません。
※この検査は繰り返し検査する必要はありません。

胃がんのリスクチェック ペプシノゲン検査

3,240円

 血中の「ペプシノゲン」という物質を測定することで、胃粘膜の老化(萎縮)を調べる検査です。
多くの胃がんは胃粘膜の萎縮を経て発生すると考えており、ペプシノゲン法陽性の人は陰性の人に比べて高い確率で胃がんなどの病気が発見されています。
※胃内視鏡検査を受けていない方は、5年に1度程度の検査をおすすめします。

乳がん検査

乳腺超音波検査+マンモグラフィ 7,560円 乳腺超音波検査のみ 2,700円

○マンモグラフィ検査
・マンモグラフィは手で触れてもわからないような微細な病変を発見することができます。
・人間ドックのマンモグラフィ撮影は、全員の方に2方向撮影を行っていますので、より精度の高い撮影となっています。
(住民検診は、一部の市町を除き、左右の乳房を斜めに挟む1方向しか撮影していません。)
・平成24年4月に、新しい装置を導入し、描出できる画像のサイズが、世界最小50umの高精度表示が可能となりました。それにより、より精密で小さな病変も発見しやすくなりました。
・撮影技師は、NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定を受けた女性技師が担当しています。

○乳腺超音波検査
・乳腺超音波検査は、「さわってもわからない小さなしこり」の癌を発見するのを得意とします。
・検査方法は、胸にゼリーを塗り、機械(探触子)で胸全体の写真を記録していきます。痛みなど伴わずできる検査で、女性技師が担当します。
・マンモグラフィ検査を同時に受けることで、癌を見つける可能性は高くなり、小さな癌(早期癌)も見つけることができます。

子宮頸がん検査※2

内診、子宮頸部細胞診です。 4,320円

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで近年増加傾向にあります。
無病状のうちから検診により早期発見が可能で、すべての年代に必須の検査です。

・20歳代の方:子宮頸がんは20歳過ぎから増加します。HPVワクチンを打った方も検診は必要です。
・30~40歳代の方:最も多発する年代です。1年に1回の検診を受けることをおすすめします。
・50歳代以降の方:閉経したあとも油断せずに検診を受けることをおすすめします。
・子宮摘出後の方:子宮頸部の一部が残っていると発生することがあります。検査では膣がんもチェックします。

細胞診の結果が正常な細胞以外の場合は、HPV検査※を追加実施いたします(検査料金の加算はありません)
 ヒト・パピローマウィルス(HPV)とは、子宮頸がんの原因ウィルスです。性交渉を行ったことのある多くの女性が感染します。多くの場合は感染しても2~3年以内に自然に消滅しますが、HPVが消えずに感染が長期化(持続感染)した場合、がんの前段階を経て、子宮頸がんになることがあります。

子宮体がん検査※2

子宮頸がん検査+子宮体がん検査 10,800円

 子宮の奥の体部に発生し、9割は初期に不正出血がみられます。症状のある方は、ぜひ検診を受けることをおすすめします。
20歳代の方:ほとんど必要ありません。※不正出血がある場合は医療機関で原因を調べることをおすすめします。
30~40歳代の方:不正出血がある方は検診を受けることをおすすめします。
50歳代以降の方:閉経期以降は増加します。
出血や茶色帯下は、子宮体がんを強く疑う症状です。
子宮頸がんと合わせて定期的に検診を受けることをおすすめします。
※子宮体がん検査は単独では受けられません。子宮頸がん検査と合わせてお受け下さい。

前立腺がん検査

2,160円

 男性で50歳以上の方、40代でも家族に前立腺がんの人がいる方、最近おしっこのでが悪いと感じている方に、特にこの検査をおすすめいします。
前立腺がんの早期には自覚症状がほとんどありません。

骨粗鬆症検査

3,240円

 骨粗鬆症予防のため、閉経を迎えた方、偏った食習慣の方やダイエット経験のある方、たばこを吸う方、あまり運動をしない方、身内に骨粗鬆症の人がいる方などに検査をおすすめします。
骨粗鬆症におってスカスカになった骨はもろく、日常のささいな動作で骨折を引き起こします。高齢の方が骨折すると、寝たきりを招く原因にもなります。将来の寝たきりを予防し、いつまでも生き生きと暮らすために、骨の状態をチェックしましょう。
測定はDXA法といい微量のエックス線を利用した骨密度測定器を使用し、 前腕骨で測定します。

内臓脂肪測定

3,240円

 お腹のまわりが気になる方、過栄養、運動不足、血圧・血糖値が高い、脂質代謝異常がある方におすすめします。
日本の死因の最上位にある心筋梗塞、脳梗塞の原因は動脈硬化です。その元凶は「内臓脂肪型肥満(内臓脂肪面積100㎡以上)」にあると言われています。
このメタボリックシンドローム※では、心筋梗塞や狭心症の危険度が正常の方の30倍以上も高くなります。
※メタボリックシンドローム…内臓脂肪の蓄積の測定に加え、脂肪代謝、血圧、血糖の測定を行い、2項目以上満たす場合にメタボリックシンドロームと診断されます。
内臓脂肪の蓄積の測定には、CT画像による測定が最も正確な値を得る事ができます。検査方法は、CTでお腹のお臍の位置を1枚輪切りで撮影し、専用ソフトにてCT画像を解析し内臓脂肪の面積を測定します。

頸動脈超音波検査

4,104円

動脈硬化の状態がわかります。
 のどの両側にある頸動脈は、全身の動脈の中でも動脈硬化が進みやすい部位の1つとされています。
頸動脈の硬化が進むと脳卒中や心筋梗塞が起きる危険性が高くなります。さらに、心臓や足の動脈硬化と密接な関係にあるため、頸動脈の状態から全身の動脈硬化の進行状態を推測することができます。体の外から血管の中の状態を見ることができる超音波検査で、動脈の状態を確認しましょう。
動脈硬化はなぜ悪い?
 動脈硬化は血管の老化現象であると言われていますが、血管が硬くなることによって、次第に血管壁が傷つきやすくなり、やがてそこに血の塊(血栓)ができます。これが脳や心臓の血管に詰まると「脳梗塞」や「心筋梗塞」となります。
動脈硬化の原因は?
 加齢のほか高血圧・脂質異常症・糖尿病(高血糖)・喫煙・肥満等が動脈硬化の危険因子とされています。
検査方法:どんなことを調べるの?
 のどの両側の頸動脈を超音波診断装置で描出し、血管壁の厚さを測定します。また、血管の中のプラーク※の有無や血管の走行状態を調べます。検査時間は10~15分程度です。
※プラーク:血管内のコレステロールがたまってできた粥状の沈殿物のことです。プラークが発達すると血管内腔の狭搾や閉塞が起こります。プラーク内部で、出血したり、表面がはがれたりすると血管がつまり、脳梗塞を起こす危険性が高まります。

血管年齢測定

2,160円

 40歳以上で高血圧・糖尿病・脂質異常症の方、足がいつも冷たい・しびれる・歩くと痛くなるなどの症状がある方におすすめします。
血管年齢測定はベッドに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定し、動脈の硬さやつまりの程度を見る検査です。
動脈硬化は自覚症状に乏しく、放置すると狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などの原因になります。

甲状腺超音波検査

甲状腺超音波検査+甲状腺ホルモン検査 5,400円
甲状腺超音波検査のみ 2,592円

 甲状腺の超音波検査は、甲状腺の腫れやしこりを検査するのに有用です。
頸部にゼリーをつけて機器をあてるだけの検査で、痛みもなく、非常に多くの情報を得ることができます。

甲状腺ホルモン検査

甲状腺超音波検査+甲状腺ホルモン検査 5,400円 甲状腺ホルモン検査のみ 3,240円

 血液中の甲状腺ホルモン(FT4/TSH)を測定し、バセドウ病や橋本病、甲状腺機能亢進病などの早期発見につながります。甲状腺機能が気になる方、汗をかきやすい、動悸がする、疲れやすい、体重減少などの気になる自覚症状をお持ちの方におすすめします。

HOMA-R(インスリン抵抗性検査〔血液検査〕)

2,160円

 インスリン(膵臓から分泌され、血糖値をコントロールするホルモン)の働きを調べ、将来糖尿病になりやすいかどうかがわかる検査です。HOMA-Rが高い人は血糖値に関わらず、心筋梗塞や脳梗塞がおきやすくなることがわかっています。
特に肥満(内臓脂肪型肥満)、高血圧、脂質異常症(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール)、ご家族が糖尿病の方におすすめします。
※空腹時血糖値140ml/dl以上の方や糖尿病治療中(インスリン治療)の方は正常な値が得られませんので、おすすめできません。

視野検査

1,080円

緑内障の早期発見に!
 視野検査は一点を見つめた状態で視野の異常を計測する簡単な検査です。
通常、人は両目で物を見ているので、片目を隠さないと視野の異常に気づきにくく、自覚症状が出た時は病気が進行している場合が多いと言われています。
緑内障は視神経の障害により視野が欠けていき、失明する危険を伴う病気です。
視野検査で早期に緑内障を発見しましょう。

腫瘍マーカー検査(血液検査)

腫瘍マーカーをご希望の場合は、事前に電話にて相談いただくか、受診当日の問診時に保健師にご相談下さい。
 腫瘍マーカー検査には、通常画像検査や血液検査などでがんが疑われる場合に行われています。そのため、人間ドックを受ける健康な人に対して腫瘍マーカー検査は、保険診療で認められていません。(検査費用は自己負担となります)
それは、腫瘍マーカー検査が、画像検査では見つからないような早期がんを発見するものではないからです。腫瘍マーカーの値が異常値になる場合にはすでに進行がんになっているかも知れません。
その半面、腫瘍マーカーでがんでない病気の場合にも異常値となる場合があります(慢性肝炎、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、胆石、結核、助膜炎、子宮内膜症、慢性関節リウマチ)。
CA125などは妊娠初期や、月経時、閉経前など一時的に高くなることもあります。つまり、腫瘍マーカーが異常値でも精密検査を受けた結果、何のがんも発見されないこともあります。
また、早期がんの場合には正常値のこともありますし、がんの治療中の方では、がんの治療の効果により正常値になる場合もあります。
腫瘍マーカーは、臓器特異性という問題もあります、例えば代表的な腫瘍マーカーであるCEAは、大腸がん、肺がんで異常値を示しますが、膵臓がん、乳がん、胃がん、肝臓がんでも異常値を示す場合があります。
ですからCEAが異常値だった場合には、胃、大腸、肝臓、膵臓、乳腺の検査を受けなければなりません。
また、喫煙者ではがんでなくてもCEAが高くなることがよくあります。このように腫瘍マーカーの検査は運用上の問題点も大きいです。つまり、腫瘍マーカー検査は現在がんに罹っているかどうかを血液検査だけで間違いなく診断できる検査ではありません(ただし、PSAは、前立腺の病気でしか異常を示しませんから、安心して検査をうけていいただけます。)
ただ、腫瘍マーカー検査と画像診断を組み合わせることにより、比較的早期か、治療が可能な時期に発見し、見落としが防せげる可能性もあります。腫瘍マーカー検査を受ける方は、胸部CT検査、胃X線検査(あるいは胃内視鏡検査)、便潜血検査による大腸がん検査、婦人科検査、腹部超音波検査、マンモグラフィや乳腺超音波検査なども、ぜひご一緒に受診してください。

腫瘍マーカー検査でわかる疾患

腫瘍マーカー 検査によりわかる疾患 検査料金
CA19-9 膵臓がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんなど 2,160円
CEA 大腸がん、肺がん、乳がん、胃がん、膵臓がんなど 1,728円
AFP 肝臓がんなど 1,728円
CYFRA 肺がん、卵巣がん、子宮がん 2,376円
CA125 卵巣がん、肺がん、膵臓がんなど 2,160円
セット料金 <男性コース>CA19-9、CEA、AFP、CYFRA 6,480円
<女性コース>CA19-9、CEA、AFP、CA125 6,480円


※1 胸部CT検査を受けられる方へ

1,胸部CT検査により肺がん以外の疾患が発見される可能性
 胸部CT検査では、肺がん以外の呼吸器疾患(肺気腫、間質性肺炎、気管支拡張症、抗酸菌感染症など)が発見される可能性もあります。中には発見時点で診断・治療を要するものもありますが、いつ用としないものも多く含まれます。

2,胸部CT検査により起こるかもしれない不利益
 検査で要精密検査となった場合でも、結果的に肺がんでないこともあります。喫煙習慣のある方・過去喫煙されていた人にCT検査を行うと3~6割の人に何らかの”異常な影”が見つかることが報告されています。この”異常な影”の9割は肺がんではありませんが、なかには肺がんと非常にまぎらわしいものもあります。そこで約1~3割の人は、肺がんでないのに鑑別検査のための精密検査や、胸部高分解能CTによる経過観察が必要になるこがあり、不安感を与える可能性があります。検査で肺がんが発見された場合、その”癌”は、将来的に生命に影響を及ぼさないような進行の非常に遅い肺がんである可能性も全くないわけではありません。

3,肺がん検診に関する重要な事項
 検査の結果が陰性であっても、これ以降、肺がんにならないというわけではありません。発育が早い肺がんんお場合、次の検査までに自覚症状で見つかることも稀にあります。通常は年1回の検診という場合が多いですが、年に2回の施設もあり、検診間隔については現在研究中です。胸部CT検査で早期に発見されやすいのは肺野型肺がん(肺の末梢に発生する肺がん)です。肺門型肺がん(太い気管支に発生する肺がん)や非常に早く数ヶ月で大きくなる小細胞肺がんなど、胸部CTでは発見されにくい種類の肺がんもあります。重喫煙者に多い肺門型肺がんを早期に発見するためには喀痰検査を併用することが役に立つと考えられます。


※2 子宮頸がん検査・子宮体がん検査の注意事項

1, 妊娠中または、妊娠の可能性がある方は検査できません。
 病院での検査をおすすめします。
2, 生理中の方は受診を延期していただく場合があります(子宮体がん検査については実施できません)
 血液によって病変がわかりにくくなり、正確な検査が行えなくなるためです。
3, 検査にあたり軽度の痛みや、まれに出血することがあります。長引く場合は医療機関にご相談ください。