大腸がん検診

大腸がん検診

 大腸がんは日本でも顕著に増加しているがんで、主な原因は食生活の欧米化とされています。特に動物性のたんぱく質や脂肪の摂取量が多くなり、食物繊維の摂取量が減ったことなどが考えられます。早期に発見されれば、予後が良好であることが多いため、受診することをお勧めしています。

 

特徴

 便に混じっている微量の血液を測定する検査(免疫法)で、少量の採便で大腸内の出血を確かめられます。

 

検査内容

検査装置

OCセンサーPLEDIA

検査方法

免疫便潜血検査2日法

判定基準

異常認めず:2日とも陰性
要精検:1日又は2日とも陽性