がん検診

がん検診

がん検診の種類と内容

種類内 容検診項目
胃がん検診 問診、胃のエックス線撮影です。 胃エックス線検査
胃がんハイリスク検診 将来の胃がんリスクを層別化する検診です。 ペプシノゲン検査
ヘリコバクター・ピロリ抗体検査
肺がん検診 問診と胸のエックス線撮影です。必要に応じて喀痰細胞診という、痰の中に含まれる細胞を調べる検査を行います。 胸部エックス線検査または胸部CT検査
高危険群に対する喀痰細胞診検査
大腸がん検診 問診と便潜血検査(2日法)で、腸管からの出血の有無を調べます。 免疫便潜血反応検査
子宮がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診内診を行います。
また、HPV-DNA併用検査検診も行うことが出来ます。
子宮頸部の細胞診検査
子宮頸部の細胞診検査・HPV-DNA併用検査検診
子宮がん検診 問診、視診、子宮体部の細胞診内診を行います。 子宮体部の細胞診検査(個別医療機関方式でのみ実施)
乳がん検診 マンモグラフィ検査(乳房X線検査)、超音波検査、問診及び視触診です。
※検査の組合せは市町により異なります。
マンモグラフィ・超音波検査・視触診検査
前立腺がん検診 血液検査です。 前立腺特異抗原(PSA)検査