眼底検査の基礎知識

眼底検査の基礎知識

1. 眼底検査とは

 眼底検査は、眼底鏡や眼底カメラなどの器具を用いて眼球の奥にある血管・網膜・視神経を調べる検査です。 眼底の血管は、人の体で唯一、直接観察できる血管で、この血管の状態を観察することで、高血圧や動脈硬化の程度、または、糖尿病性の変化など全身の病気が推定できる為、生活習慣病の発見に有効とされています。 また、緑内障、網膜色素変性症、黄斑変性症など眼の病気の診断にも使われます。特に、日本人は『正常眼圧緑内障』が多いと言われ、視神経が出入りする視神経乳頭部やその周囲を観察することで、緑内障を見つけることができます。 画像1 正常眼底

 

2. 検査の方法

 当施設では、周囲を暗くして瞳孔を散大させ、無散瞳眼底カメラにより検査を行っています。 検査も数分で、痛みなどはありません。
(病院等では、点眼剤にて瞳孔を散大させて眼底部を観察する場合もあります。)

3. 生活習慣病と眼底の変化

①高血圧性眼底所見について
 高血圧が進むと、全身の血管に負担がかかり、眼底部で毛細血管が損傷を受けて、血管の狭窄や出血、白斑、浮腫を引き起こします。
高血圧性の変化は、K-W(キースワグナー)分類にて判定され、K-WⅢ度以上では、かなり動脈硬化が進んでいる状態と判断されます。

<K-W分類>
K-W0度:異常なし
K-WⅠ度:網膜の細い動脈が若干細く、硬くなっている状態
K-WⅡ度:Ⅰ度より著明に動脈が細くなり、血管の太さもバラバラになります
K-WⅢ度:Ⅱ度の所見がさらに著しくなり、網膜出血や白斑も認められるようになります
K-WⅣ度:Ⅲ度の所見に加え、確認できる範囲以上に視神経乳頭(視神経が出入りする部位)の浮腫があります

 眼底検査の結果、要経過観察になった場合は、生活習慣を改善すると共に血圧に注意していく必要があります。
要精検(要医療)では、放置すると悪化したり、既に治療が必要な場合もありますので、早めに医療機関を受診してください。

画像2 高血圧眼底





 網膜動脈が動脈硬化により細くなり、所々出血がみられます。また、血管から漏れ出た血液成分が沈着した白斑が見られます。


②糖尿病性網膜症について

 糖尿病により高血糖の状態が長く続くと、眼底部では毛細血管瘤ができたり、出血や白斑などの変化が観察され、やがて視力障害を引き起こします。
自覚症状が出る頃にはかなり進行し、治療が困難な場合も少なくありません。
現在、成人の失明原因の第2位は、この糖尿病性網膜症です。糖尿病と診断されて5~10年で徐々に症状が現れるといわれています。自覚症状が乏しい為、初期段階で自ら異常に気付くことは難しく、医師から指示された間隔で定期検査を受けることが重要です。

画像3 糖尿病性網膜症




 点状の出血が広範囲に見られ、白斑も認められます。症状が進むと、出血や滲出物が増加し、更に血管の増殖性変化が見られるようになります。